【無料】子育て中の妻が『本当に欲しい』プレゼント【時間です】

この記事は約5分で読めます。
喜ぶ女性の画像

こんにちわ。たぬ吉パパです。
今回は、こんなお悩みにお答えします。

いつも子育てを頑張ってくれてる妻に

・なにかプレゼントして感謝を伝えたい。

・なにかプレゼントしたいけど、お金がない。

・物以外のプレゼントをあげたい。

・プレゼントしたいけど、なにが「本当に欲しいもの」なのかわからない。

・母の日やホワイトデー、ちょっとした記念日にプレゼントをあげたい。

結論、ママに『時間』をプレゼントしてください!
時間』こそ、子育てママが本当に欲しいものです。

この記事の内容を実行することで、下記のメリットを得られます。

  • 夫婦円満になる。
  • ママが絶対喜んでくれる。
  • 『0円』でママにプレゼントができる。
  • パパとしてスキルアップできる。

いつも子育てを頑張ってくれている奥様に、
日頃の感謝を込めて、最高のプレゼントをしてみませんか?

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

実際、『時間』をプレゼントすることで、
私の奥様はすごく喜んでくれています!

スポンサーリンク

子育てママが本当に欲しいもの『時間』をプレゼントしよう!

まる1日、せめて半日、
ママに自由な時間をプレゼントしてください。

俺が子ども見るから、今度友達とでかけてきなよ~。

これだけでいいんです。

誰もが『1人の時間』、『自由な時間』は欲しいもの。
子育て中ママには、『自分の時間』がありません。

特に、お子さんが保育園や小学校に行くまでは
「全くない!」と言っても過言ではありません。

ママだって、
オシャレして出掛けたり、
エステ行ったり、
友達とランチ行ったりしたいんです。

その根拠として、先日ツイートした内容をご紹介します。

このツイートに対し、
共感していただけるリプや、引用リツイートを多数いただきました。

「子育てママのほとんどは『時間』が欲しい。」
という証拠になるのではないでしょうか。

ただし、『時間』をプレゼントしたあとに、
ある行動をすると、逆にママを疲れさせてしまいます。

スポンサーリンク

ママに『時間』をプレゼントしたあとの注意点

怒る女性の画像

ママに『時間』をプレゼントしたあと、絶対にNGな行動があります。

(LINEや電話で)

・子どもが全然寝ないんだけど・・・。

・ずっと泣いてるんだけど、どーすりゃいいの?

・ぐずってるんだけど、どーすりゃいいの?

こんな連絡は極力しないでください!
ママが不安になるだけです。心から1人の時間を楽しめません。

たぬ江ママ
たぬ江ママ

「高熱がでた!」「ケガした!」とかは絶対に連絡してね!

ただの「大変だよー。」「頑張ってるよー。」アピールはいらん。

とはいえ、育児慣れしていないパパからすると、
どうやって子どもと2人で過ごせばいいかわからない方もいるでしょう。

そこで、
『子育てに不慣れでも子どもと楽しく過ごせる方法』
もご紹介しますね。

育児に不慣れなパパができる、子どもとの過ごし方

普段子どもと2人で過ごしたことがないから、どうやって過ごせばいいのかわかんないよ。

たしかに、不慣れなことをやれと言われても困りますよね。

ただ、基本は一緒に遊べばいいだけです。
その具体的な方法を3つご紹介しますね。

① 子どもとお出かけする

たとえばショッピングモール。
キッズスペースで遊べたり、子どもと2人で美味しいものを食べたり。
一緒に楽しむことができます。

公園もいいですね。
一緒にボール遊びしたり、
公園で自由に遊ばせて見守るのもとても楽しいですよ。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

子どもがケガしないように、しっかり見守っててね!

②テレビ鑑賞

家で、一緒にテレビを観ましょう。
ちなみに、おすすめの番組は下記の通りです。

0~2歳くらいまでのお子さん➡『いないいないばあっ!』
1~5歳くらいまでのお子さん➡『おかあさんといっしょ』

お子さんと一緒に、踊ったり歌ったりして楽しめます。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

この2番組は神!!一緒に観るとすごく実感できますよ(笑)

③絵本の読み聞かせ

絵本の読み聞かせは、『知育』にも良いとされています。

幼児教育現場における絵本の重要性や,読み聞かせの活用頻度の高さからも,読み手の読み聞かせに対する理解力,さらには絵本に対する理解力が重要となる。このことからも一冊の絵本の持つ力とは一つではないということになる。

吉備国際大学 秀 真一郎 「絵本の読み聞かせにおける一考察 ー感情の有無からくる影響ー」より

下記は、1歳の娘が大好きな絵本です。参考までに。

【まとめ】育児を頑張ってくれている愛する妻に『時間』を贈ろう!

外で両手を挙げる女性

今回ご紹介した内容をまとめます。

・子育てママは『時間』が欲しい!
ママに『時間』をプレゼントしよう!

・ママに『時間』をプレゼントしたあと「不安になる」連絡をしない!

・子どもと2人で過ごす方法
➡基本は一緒に遊ぶ!具体的には
 ①お出かけ
 ②テレビ鑑賞
 ③絵本の読み聞かせ

今回ご紹介したように、お金をかけなくても、
ママに『本当に喜んでもらえるプレゼント』を贈ることができます。

たしかに、数万円のプレゼントをもらえば誰でもうれしいですよね。
でも、「お金で解決」は誰にでもできることです。

あなたにとって、ママは大切なパートナー。
ママにとっても、あなたは大切なパートナー。

「お金では買えない。あなたにしかできないプレゼント」
を贈り、心から喜んでもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました