育児

パパ向け

「まだ平日仕事しかしてないの?」忙しいパパが育児時間をつくる方法5選

今回はこんな悩みに答えます。 「平日もこどもと関わりたい。だけど仕事が忙しくて、休日にしかこどもと関わることができない。」 「僕も積極的に子育てをして、ママを助けたい。こどもに好かれたい。なのに圧倒的に時間がない。時間があれば、もっとこどもと関われるのに…。」 こんな悩みを解決するため、育児・家族の時間をつくる5つの方法を紹介します。
パパ向け

「もっと好かれたい!」パパが育児するダケで得られる5つのメリット

「育児をすることのメリットがあれば、少し考えてみよう。」 「俺も育児に参加しようかな?もしかしたら、なにか得することがあるかも…。(ニヤリ)」 こんな疑問に答えます。 結論、パパが育児をすることで、5つのメリットを得られます。 つまり、パパであるあなたが育児をするダケで、ここで紹介する5つのメリットが「すべてあなたのモノ」に!
おすすめ商品

【徹底レビュー】1歳のこどもが『マンチキン(munchkin)ミラクルカップ』を1ヵ月使ってみた【こぼれないコップ】

マンチキン ミラクルカップを、娘(1歳4ヵ月)が使用して1ヵ月間経ちました。 その感想を、徹底レビューしていきます。 つまり、こんな悩みが解決できます。 「最近、こどもがコップで飲みたがるんだけど、やっぱりこぼししちゃうんだよね…。」 「子どもにコップ練習させたいんだけど、飲み物こぼしちゃったら片付けが大変だよなあ…。」
育児

【最新(2020年)版】育児の費用はいくらかかる?【カンタンに解説】

こんな疑問にお答えします。「実際どのくらい『育児費用』っていくらかかるんだ?いくら貯めれば、足りるのかな?」そこで今回は、内閣府や文部科学省のデータをもとに、 『年齢別』に、育児に必要な費用(出産~大学卒業まで)を解説します! 併せて、『保育園無償化』、『高校無償化』、『大学無償化』についてカンタンに解説しますね。
タイトルとURLをコピーしました