【誕生~ねんね期】赤ちゃんのテープオムツ交換手順

この記事は約3分で読めます。
赤ちゃとオムツ

こんにちは。たぬ吉パパです。

今回の記事は、

子どもができた!まずはオムツ交換から勉強だ。

あるいは

これからは育児を積極的にしなきゃ…。まずはオムツ交換から。

といったパパ向けの内容の記事です。

対象になる赤ちゃんの時期は、
新生児~寝返りがうてるまでの赤ちゃんです


寝返り・ハイハイ期~の赤ちゃんのオムツ交換手順はこちら。

【寝返り・ハイハイ期~】赤ちゃんのパンツタイプオムツ交換手順
赤ちゃんのパンツタイプのオムツ交換手順を知りたいパパさん向けの記事です。対象となる赤ちゃんの時期は、寝返り・ハイハイ期~の赤ちゃんです。使用するオムツはパンツタイプのオムツです。

数社の企業が公開している「オムツ交換の手順」をベースに、1歳の娘を持つ私の体験談を交えてご紹介します。

【参考にした企業】

この記事を読むことで

  • オムツ交換の正しい手順

  • オムツ交換のコツ

  • 奥様からの信頼(1歩目)

を得ることができますよ。

スポンサーリンク

オムツ交換の手順

では、さっそく手順をご紹介します。

ちなみに、寝返りがうてるまでは「テープオムツ」の使用をオススメします。
なのでここでは、テープオムツ使用を前提に説明します。

①新しいテープオムツ、おしりふきを準備。

②お子さんを横にして、おしりの下に新品のオムツを入れる(オムツは履いたまま)。

このとき、ギャザーをしっかり立てましょう。

モレ防止になります。

③履いてるオムツを開く。

④赤ちゃんの両足首を片手で持ち、おしりを持ち上げる。そしたら、おしりふきで軽く汚れを拭き取る。

  • おしりを持ち上げるとき、足を引っ張らない!

  • 途中でおしっこやうんちをしても慌てない!(あるあるです)

  • うんちの場合でもゴシゴシ強く拭かない!(赤ちゃんの肌は敏感です)

  • おしっこなら、軽くたたくように拭くのもgood。

  • ギャザー部分、腰まで丁寧に拭く。

  • 拭くときは、前から後ろ(おしり)に向けて拭く。

⑤赤ちゃんの両足を持ち上げたまま、汚れたオムツを引き抜く。

⑥オムツを閉じる。

  • ギャザーが倒れないように。

  • オムツをおへその上まで引き上げる。

  • テープを左右対称になるように留める。

  • テープを留めるきつさは、留めたテープおなかの間に「大人の指2本が入る程度」。

  • 足を突っ張ってしまったときは、焦らず待とう(そのままやると隙間ができるため)。

  • 男の子の場合、おちんちんを下向きにする。

⑦最後に、足回りのギャザーが内側に入っていないことを確認する。内側に入っていたら外側に出す。

⑧後片付け。ウンチはトイレに流し、オムツは丸めて捨てる。

オムツ交換時のよくある悩み

よくある悩みに、たぬ吉パパがお答えします!

ケース1

オムツ交換のとき、泣いたり暴れちゃってやりにくいんだけど。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

両手で持てるオモチャを持たせてあげるといいよ。

話しかけてあげると落ち着くときもあるし。

ケース2

オムツ交換中に、おしっこをひっかけられた。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

おしりふきを、陰部にかぶせてあげるといいよ。

おむつ替えシートを使うのもいいね。

ケース3

ウンチが広範囲に乾いてくっついちゃってとれないんだけど。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

おしりふきを、人肌くらいの温度のお湯で濡らそう。それでふやかすと簡単にとれるよ。それか、おしりを直接洗っちゃおう。

とれないからって、絶対にゴシゴシ拭いちゃダメだよ!

ケース4

くさいのやだ。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

父親やめてしまえ。

てのは冗談で、離乳食始まる前のウンチは臭くないから大丈夫だよ。

スポンサーリンク

まとめ

世の中のパパさんにお伝えします。

子どものオムツ交換は基本中の基本です。

きつい言葉を使うと
「オムツ交換すらできないパパは、本当にパパの自覚あります?」
と思われるのが一般的です。

正しいオムツ交換の手順をマスターし、パパの第1歩目を踏み出しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました