【ママの声】自称「イクメン」は嫌い!好かれるパパになる方法

この記事は約6分で読めます。
ママが娘を抱っこし、パパが寄り添う写真

こんにちは。たぬ吉パパです。

さっそくですが、そこのパパさん、

俺、イクメンだから~

と発言することは絶対やめましょう。

100%、ママさんから嫌われます

子育ては、「ママとパパが協力するもの」です。

娘が生まれた当初の私は、これが理解できていませんでした。

そんな私は、過去にこんなツイートをしました。

はい。ドヤ顔で「イクメンになる。」と言いました。

私のようなパパさんを増やさないため、
一般的視点と私の体験談をもとに、この記事を書きました。

この記事の内容を実践することで、

  • 自称「イクメン」にならない
  • 子育ては「ママとパパで協力するもの」という意識の定着
  • 奥様から信頼してもらえる

上記のきっかけを得ることができます。

もしこの記事を読んでくれてるのがママさんなら、ぜひパパさんに見せてあげてくださいね。

スポンサーリンク

「イクメン」という言葉に対するママさんたちの声

腕を組んで怒る女性

「イクメン」という言葉に対する、世間のママさんたちの声です。

ヤフー知恵袋

イクメンを自称する旦那に腹が立ちます。

引用元:  https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14218999129?__ysp=44Kk44Kv44Oh44Oz

「イクメンを自称する旦那が、人前で遊ぶだけで、実際はなにもしない。」という声です。

実際、「自称イクメン」は全然育児をしてない人が多いです。だから嫌われます。

Twitter

男性が育児をすると「イクメン」と表現されて讃えられることに疑問を持っているツイートです。

「いいね数」や「リツイート数」から、多くの共感を生んでいることがわかりますね。

ママじゃないけど、ハライチ岩井さんの発言

自分の子どもを育てて『イクメン』って意味分かんない!当たり前のことしてんだよ?何『イクメン』って。

引用元:grape https://grapee.jp/439069

「自分の子ども育てて「イクメン」てなに?あたりまえだろ。」

もう、その通り過ぎます。
ずばり言ってくれて、気持ちいいですね。

以上の声から、いかに「イクメン」という言葉が嫌われているかわかります。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

興味持った人はもっと調べてみてね。

スポンサーリンク

自称イクメンになるな

ドヤ顔の男性

では、あなたが自称「イクメン」にならないための方法をご紹介します。

SNSを活用して意識を変えよう

具体的には、TwitterやInstagramです。

SNS上には、

  • ママたちの声
  • パパの考え方と行動

といった、参考になるものがたくさんあります。

たくさん読んで、意識を変えましょう。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

スキマ時間にスマホゲームしてる暇があったら、SNSでママパパの「実際の声」を読もう!

実践しよう

インプットのあとはアウトプットです。

具体的になにしたらいいの?

ってかたは、下記の手順通り行うことがオススメです。

もうタヌキのアドバイスはいらねーよ。

ってかたは、飛ばしてください。

家族との時間を意識的につくろう

具体的には、下記の通りです。

  • 残業をしない。
  • 寄り道せず帰る。
  • 朝活する。
  • 休日に個人的な予定を入れない。

これだけで、家族との時間が格段に増えます。

いきなり全部が難しければ、まずは1つ1つクリアしていけばOKです。
最初から無理してストレスになってしまっては続きません。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

自分の趣味は、朝早起きしてやろうね。

「家族と過ごす時間が最優先」って意識が大事だよ。

朝活に関する記事はこちら☟

【初心者】「朝活」を楽に続ける!楽して自由を手に入れよう!
朝活とは?メリットは?朝活を1ヵ月以上行っている筆者が、「誰でも楽して朝活ができるコツ」をご紹介します。

できることを増やそう

正直、いままであまり子育てに関わってこなかったな…

そんなかたは、下記から始めてみましょう。

  1. 子どもと遊ぶ時間の確保
  2. 子どもとお風呂
  3. オムツ交換
  4. ごはんを食べさせる
  5. 寝かしつけ
①子どもと遊ぶ時間の確保

これは超基本です!
まずは、子どもと遊ぶ時間を増やして信頼関係を築きましょう。

子どもと遊ぶときの注意点は「極力スマホを触らない」こと。

子どもを常に見てあげましょう。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

スマホ…私も気を付けます。。

②子どもとお風呂

まずは、
子どもの洗体⇒いっしょに湯船に浸かる
から始めましょう。

特に湯船では、いっぱいコミュニケーションをとってください。

最初のうちは、あがるときにママさんを呼んで、子どもを受け取ってもらってOK。
慣れてきたら、

子どもの洗体⇒湯船に浸かる⇒保湿⇒着替え

まですべて1人でやってみましょう。
ママさんの苦労がわかります。(私がそうでした。)

③オムツ交換

子どものオムツ交換をしましょう。
もちろん、大きいほうの時もですよ。

「寝返りをうつ前の赤ちゃん」のオムツ交換手順はこちら☟

【誕生~ねんね期】赤ちゃんのテープオムツ交換手順
「子どもができた!まずはオムツ交換から勉強だ。」あるいは「これからは育児を積極的にしなきゃ…。まずはオムツ交換から。」といったパパ向けの内容の記事です。対象になる赤ちゃんの時期は、新生児~寝返りがうてるまでの赤ちゃんです。


「寝返りやハイハイができるようになった赤ちゃん」のオムツ交換手順はこちら☟

【寝返り・ハイハイ期~】赤ちゃんのパンツタイプオムツ交換手順
赤ちゃんのパンツタイプのオムツ交換手順を知りたいパパさん向けの記事です。対象となる赤ちゃんの時期は、寝返り・ハイハイ期~の赤ちゃんです。使用するオムツはパンツタイプのオムツです。

オムツ交換が苦手というパパさんは案外いるんです。

そして、オムツ交換だけして子育てに参加している気になっているパパさんも…笑
自分の子どものオムツ交換が嫌なんて、一般的におかしいですよね。

④ごはんを食べさせる

子どもにご飯を食べさせてあげましょう。

おっぱいの時期なら、粉ミルクを(完全母乳育児でない場合)。
離乳食の時期なら、離乳食を。

ミルクの時期なら、飲んだ後に背中をトントンしてゲップさせてあげるのを忘れないように。
(この時期は、ミルクなどを吐いてしまうことが多いので。)

離乳食の時期なら、食事中にイタズラされないように気を付けてください。

この時期の子どもは、いろんなものに興味を持ちます。
お皿をひっくり返されたり、立ち上がってしまったり、どこかへ行ってしまったり。。

たくさんの苦労を経験するはずです。

⑤寝かしつけ

夜、子どもの寝かしつけをおこないましょう。
正直、①~④に比べてグッと難易度が上がります。

最初は心が折れそうになるかもしれません。
ただ、これができるとママさんからの信頼も厚くなるでしょう。

「赤ちゃんを 30分以内に 寝かしつける方法」の記事はこちら☟

【授乳なし】赤ちゃんが寝ない!子どもが30分以内に寝る方法20選
「なかなか赤ちゃんが寝なくて、毎日寝不足。」という方。授乳なしで、赤ちゃんを30分以内に寝かせる方法20選をご紹介します。

詳細は、上記の別記事にあります。

そのため、ここでは寝かしつけのコツをざっとご紹介します。

【0~1歳ごろ】

  • 抱っこして左右にユラユラ揺れる
  • 眠くなるBGMを流す
  • なるべく話しかけない
  • 泣いたら、優しく声掛け
  • リラックスする

【1歳半頃~】

  • 添い寝する
  • 背中をトントンする
  • 子守唄をうたう
  • 眠くなるBGMを流す
  • 本を読み聞かせる
  • リラックスする

特に重要なのは、リラックスすること。
子どもは、大人の感情を感じ取ります。

「なかなか寝てくれない。」とイライラしたり、焦ったりすると絶対に寝てくれません。

まとめ

繰り返しになりますが、自称「イクメン」は本当に嫌われます
なぜなら、男親が「子育てをするのは当たり前だから」です。

この考え方は、まだまだ世の中に浸透していません。
それならば、自分から変えて発信してみましょう。

子育てに対する意識を変え、実践することが重要です。

「イクメン」でなく「本当の意味でパパ」になりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました