【副業のメリット】「副業してる人・してない人」の差がヤバい【置いていかれます】

『副業してる人』『副業してない人』 この差がヤバい!!  というタイトル画像

こんにちわ!たぬ吉パパです!
今回は、こんな疑問に答えます。

副業に興味はあるけど、別にお金に困ってるワケじゃないしなあ…。

なにか「得られるモノ」があれば、やってみようかな。

なんか最近副業してる人多くない?そんなに副業ってメリットあるの?

結論、いまどき副業してないとヤバいです。

副業ブームの現在。
あなたの周りにも、副業している人が1~2人以上はいるハズ。

もしあなたが、会社の仕事しかしていないなら…。
会社の同僚が、副業をしているのなら…。

確実に、あなたと同僚の実力差はドンドン開いていきます!!

それはなぜか?

副業で得られる「メリット」が大きすぎるからです!
置いてけぼりになりたくないなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

この記事を読むことで、下記を知ることができます。

  • サラリーマンのうち、どのくらいの人が副業をしているのか?
  • 副業=アルバイトじゃないよ!ってこと
  • 副業で得られる7つのメリット
  • 副業初心者にオススメの副業は?

さあ、あなたもみんなと一緒に行動しましょう!!

スポンサーリンク

サラリーマンの10人に1人は副業している!?

副業してる人との差が付くって言うけど、そもそもみんな副業なんてしてるの?

サラリーマンのうち、10人に1人は副業をしてます。
そして、副業をしてないサラリーマンのうち、10人に4人は「今後副業をする予定」です。

その根拠はこちら。

正社員で現在副業している人は10.9%。
現在、副業を行っていないが、今後副業したい人は41.0%。
現在の副業者は1割程度にとどまるが、今後さらに増加していく可能性が示唆される。

2019年発表 パーソル総合研究所 <副業実態・意識調査結果【個人編】>

つまり、今後あなたが副業をしないのなら、
あなたは同僚10人中6位以下、100人中60位以下となってしまいます!!

スポンサーリンク

『副業=アルバイト』は勘違い!!

仕事の後にコンビニとか居酒屋でバイトするのはシンドイなあ…。

…ん?

てかコンビニとか飲食店バイトで、大したスキル身につかなくね?

なにも、副業は『時給制のアルバイト』だけじゃありませんよ。

コンビニバイトや飲食店バイトでなく、
スキルが身に付く副業をすればいいんです。

スキルが身に付く副業?

スキルが身に付く副業とは、例えば下記の通り。

  • Webライティング
  • 動画編集
  • ブログ
  • 物販(せどり)
  • プログラミング

上記の副業をすることで、収入とスキルが手に入ります!

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

つまり、スキルをお金に変える仕事ってことだね!!

副業のメリット7選

『MERIT』と書いてある画像

では、副業をするメリットを7つ紹介します。

副業をしてる人は、この7つのメリットを得ることができ、毎日成長していきます。
副業をしてない人は、もちろんこの7つのメリットは得られません。
現状維持です。

それが1日1日積み上がると、『副業をしてる人』と『副業してない人の差は…?

カンタンに想像できますよね。

副業をすると、収入が増える

まず、副業をすると収入が増えます。

あたりまえすぎるので…以上!!(笑)

副業を通して、スキルを得ることができる

副業を通して、スキルを得ることができます。

個人的は、これが1番大きなメリットだと感じています。

例えば、

Webライターなら『文章力』(セールスライティング・コピーライティングなど)。
物販(せどり)なら『商売の基本』(商品のリサーチ力・マーケティング力など)。
プログラミングなら『プログラミングスキル』。

これらのスキルが身に付くことが、下記で紹介する
『将来性』『リスクヘッジ』『自信』につながります。

副業で、高い将来性を得る

副業でどんどんスキルを身につけることは、そのまま収入に直結します。
つまり、あなたの将来性が高くなります。

会社員だけで『1年で年収を100万円上げること』はほぼ不可能。
ただし、副業をすれば、年収100万円アップも可能です!!

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

本業の収入が確保される+伸び率が高い収入もあるとなると、すごく安心だね!

副業を本業にしちゃうこと(脱サラ)も夢じゃない!!

副業は『人生のリスクマネジメント』!

スキルを得ることは、人生のリスクマネジメントになります。

想像してみてください。

「あなたが40歳のときに、勤めてる会社が倒産したら…。」
「もしも40歳でリストラされたら…。」

現在の日本では、『終身雇用制度』が崩壊しつつあります。

あの大企業トヨタが「ごめん。これからは終身雇用なんて無理っぽいわ~。」的なこと言ってるくらい。

トヨタが無理って言ってるなら、他の企業は…まあ無理ですよね。
つまり、いまのご時世、会社ダケに依存するのは危険なんです。

副業をすると自信がつく!

副業で稼げると、自信がつきます

なぜなら、会社からの給料でなく、「自分の力でお金を稼げた!」という事実があるから。

実際に副業で稼いでみないとわからない感覚です。

俺、もともと自信のカタマリみたいなもんだから…。キリッ!

そんなあなたでも、さらに自信が強固なものになります!
仕事のパフォーマンスが桁違いになりますよ。

つまり、本業での評価もうなぎのぼり!!

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

副業で稼げるようになってから、会社の上司に

「最近、なんか自信いっぱいで仕事しててすごく頼もしいよ!なんか自分のなかで変わったものでもあったの!?」って言われたよ!!(喜)

副業を始めると、家族との時間ができる

副業を始めることで、家族との時間が増えます。

なにいってんの?時間を仕事に使うんだから、家族との時間は減るだろ。

『副業』勧めたいからって、テキトーなことぬかしてんじゃねーよ。

ごめんなさい。ホントなんです…。

つまり、こーゆうことです。

家族との時間をつくる
=朝に副業する
=残業しなくて済む(残業代を稼ぐ必要がなくなるから)

朝に副業するの?

はい。
これを実現するためには『朝活』の時間を副業にあてることが必要です。

慣れればカンタンですし、『朝活』によって作業効率もアップして一石二鳥ですよ。

「平日に家族との時間をつくりたい」と考えている方は、下記の記事も参考にしてください。

副業をすることで、税金をコントロールできる

副業をすることで、自分で税金をコントロールすることができます

税金を払わなくていいの?

もしかして…脱税!?

違います。(笑)

カンタンに説明すると、
副業を始めると『個人事業主』になれるので、自分で収入と支出(経費)をコントロールできるってことです。

【経費になるものの一例】

  • 家賃(自宅が仕事場のとき。『家賃÷作業スペースの面積』の金額)。
  • 副業で使用する物品
  • その副業に関連するモノ(ちゃんと説明できるモノのみ)

詳細は、国税庁の『青色申告特別控除』をご覧ください。(税金のことは説明がムズかしいので…。)

サラリーマンだとノーガードで税金とられ放題だけど、副業やれば自分でもコントロールできるし、税金の知識も手に入るって感じで捉えておけばOKです!

副業初心者にオススメの副業は?

『副業してる人』と『副業してない人』にすごく差が付いちゃうってことはわかったよ。

ただ、副業初心者からしたら、なにから始めればいいのかわからないな。

では、副業初心者にオススメの副業を紹介します。

それはズバリ、Webライターです。

その理由が知りたい方は、下記の記事を読んでください。
『副業初心者がWebライターになるメリット』を余すことなく書き綴りました!!

【まとめ】自分だけ『置いてけぼり』になりたくないなら、副業を始めよう!!

ショックをうけている男の顔アップ

今回の内容をまとめます。

【どのくらいの人が副業してるの?】

サラリーマンの、10人に1人は副業をしている。
副業をしてないサラリーマンのうち、10人に4人は「今後副業をする予定」。
副業をしないと、周りとドンドン差が付いてしまう!

【副業ってアルバイトでいいの?】

『副業=時給制のアルバイト』だけじゃない。
スキルがつく副業をすることで、7つの大きなメリットを得ることができる。

【副業をすることで得られる7つのメリットとは?】

  1. 収入が増える
    ➡言葉のまま。
  2. スキルが得られる
    始める副業によって必要なスキルが得られる。
  3. 高い将来性を得られる
    ➡スキルを磨くことが、そのまま収入アップに繋がる。
    『本業で昇進』『脱サラ』も可能!
  4. リスクマネジメントになる
    ➡「会社の倒産」、「リストラ」などがあっても収入を得ることができる。
  5. 自信がつく
    ➡相乗効果で、本業にも良い影響が!
  6. 家族の時間をつくれる
    ➡朝に副業をすることで、残業代を稼ぐ必要がなくなるから。
  7. 税金をコントロールできる
    ➡収入と経費のバランスを自分で決めることができる。

【副業初心者にオススメの副業は?】

ズバリ、Webライター!!

2018年は、いわゆる「副業解禁元年」と言われています。

政府が企業に
「会社の不利益にならない限り、社員の副業を認めろよ~!」
というお達しをしたのです。

そして、日本を代表する大企業が、社員の副業を認め始めました
(ソニー、花王、ソフトバンク、ドコモ、アサヒなど)

いまだに「副業禁止!」と謳ってる『時代遅れ』の会社もありますが、
そもそも企業は、社員の副業を禁止することはできません!

その根拠は、厚生労働省「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を参照してください。

このように、副業が可能となった現代において、副業をしない理由はありません。

最後に、もう1度想像してみてください。

「いま、副業をしてる同僚は、毎日7つのメリットを得ています。」
「対して、あなたは副業をしていません。」

あなたと同僚の差は、1年でどのくらい離れるでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました