「まだ平日仕事しかしてないの?」忙しいパパが育児時間をつくる方法5選

この記事は約9分で読めます。
「忙しいパパが育児の時間をつくる方法5選」というタイトル画像

こんにちわ!たぬ吉パパです!
今回は、こんな悩みに答えます。

平日もこどもと関わりたい。

だけど仕事が忙しくて、休日しかこどもと関わることができない。

僕も積極的に子育てをして、ママを助けたい。こどもに好かれたい。

なのに圧倒的に時間がない。時間があれば、もっとこどもと関われるのに…。

仕事から帰ったらこどもが寝ている。
仕事から帰ったら、風呂入って夕飯食べて寝る。

こんな生活を送っているパパは多いかと思います。

事実、約8割のパパが、平日の家事・育児への関与が「1時間未満」という調査結果がでています。
(参照元:株式会社 ドゥ・ハウス「「家事・育児」に関する調査結果

そこで1つ質問。

「その生活って幸せですか?」
そして、
「家族は、ほんとに幸せだと感じていますか?」

この答えに少しでも迷いがあるのなら、
ぜひこの記事を参考に『育児をする時間=家族の時間』をつくってみてください。

それでは、育児・家族の時間をつくる5つの方法を紹介していきます。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

以前は、私も仕事の日は家族との時間をまったくとれませんでした。

しかし、今回紹介する5つ方法のうち4つを実践したら、家族との時間をたっぷり確保できるようになりましたよ!!

スポンサーリンク

平日にパパが育児の時間をつくる方法5選

では、さっそく『平日にパパが育児の時間をつくる5つの方法』を紹介していきますね!

人によっては、いくつかは実現できないものがあるでしょう。
しかし、安心してください。

「5つすべて実現できない」という状況はあり得ませんので。

では、ご覧ください。

育児時間をつくる方法① 朝活をする

朝活って?「朝に活動する」ってこと?

その通りです。
カンタンに言えば、「ちょっと早起きして、趣味・勉強・仕事の時間にあてる」ってことです。

脳科学者の茂木健一郎さんが、こんな発言をして話題となりました。

「朝起きてからの3時間が、脳が最も効率よく働く時間」

こんな本も出版するくらい、「朝活」をススメています。

朝の時間を仕事や趣味の時間にあてることで、それ以外のおうち時間は家族のために時間を使えますね!

朝活について詳しく知りたい方は、別記事を参考にしてください。

そして、
この朝の時間を有効活用したいなら、『副業』することをオススメします。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

私も、朝活の時間を利用して、

副業としてWebライターの仕事を請け負ったり、ブログ記事を書いたりしてるよ!

育児時間をつくる方法② 副業する

家族との時間確保のために、『副業』をしましょう。

副業?副業なんてしたら、余計に家族との時間が無くなるじゃん。自分も消耗するし、無理!!

朝活で副業時間をつくれば問題ありません!

ただ、副業と言っても早朝のコンビニバイトとかじゃありませんよ?(笑)
ここでいう副業は、スキルを使った在宅ワークです。

ちなみに、在宅でできる副業はメリットだらけなんです。
約8ヵ月以上、在宅での副業をしている私が感じているメリットを挙げていきます。

  • 収入が得られる
    ➡他の時間を家族のために使える!!
  • すぐに時給が上がる(時給換算したとき)
  • スキルが得られる
たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

朝活で副収入を得ることができれば、
日中の『お金のために働く時間』がなくなって、育児・家族のための時間に使えますね!

『スキルを使った副業』っていっても、なにも副業にできるようなスキルないんだけど…。

実は…私もまったく同じでした!(笑)
そんな私が出会ったのが、『Webライティング』です。

ここで1つ断言します!!
PCを持っていて、文字を書くことができれば、Webライティングは誰でもできます!!

詳細は、下記の記事を参考にしてください。
『Webライティングの始め方~Webライティングで仕事を得る方法、単価を上げる方法』まで書いてあります。

そして、副業で稼ぐことができれば、
お金のために会社で残業する必要がなくなります!!

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

会社で残業して稼ぐより、スキルを得られる副業で稼いだほうが良い時間の使い方じゃない?
自分だけの力で稼ぐ力も得られるしさ。

育児時間をつくる方法③ 残業をしない

残業は極力しないようにしてください。
残業時間を減らす=平日の家族時間を確保することに直結します!

副業で稼ぐことができれば、残業代を稼ぐ必要はなくなります。

でも、残業を断って帰る必要もあるよね?カンタンに言うけどさ…。

なにも、「仕事が終わってないのに、放棄して帰れ!」とは言ってません。
会社で仕事をしている以上、残業が発生してしまうのは仕方ない場面もあります。

ただ、「なにをどうしても、毎日絶対に残業しないと仕事が終わらない。」って状況はあり得ませんよね。
ブラック企業でない限り…(ボソッ)。

そして、副業で稼げるようになっていれば、自然と『キッパリ残業を断る力』を得ているはずです。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

ウソだと思うかもしれないけど、

自分で稼ぐ力を得てるから、「残業断ってばかりいたら、上司に嫌われるかも…」なんてことは全然考えなくなるよ(笑)。

残業を拒否するなんて、うちの会社じゃできないよ…。

なら制度を利用して、家族のために『育休』を取得しましょう!!

育児時間をつくる方法④ 育休を取得する

家族のため、パパも育休を取得しましょう。

男の育休取得率は、6.16%です。
まだまだ少ないですが、実は6年連続で上昇してるんですよ!!
(参照元:厚生労働省「平成30年度雇用均等基本調査(速報版)」事業所調査 結果概要

たしかに最近、『男の育休取得率が上がってる』って話は聞いたことがあるな。

けど、どの会社でも育休ってとれるものなの?

会社は、従業員からの育休申請を拒否できません!!

そして、育休を取得した従業員に『給料を下げる、昇進させない、異動させるなど』のことをしてはいけません!!

これらは、法律で決まっています。

根拠が知りたい方は、下記の論文を読んでみてください。
(尚美学園大学の論文のPDFファイルがダウンロードされます。)

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

カンタンに言えば、

育休を取得した従業員に、バツを与えた会社が『違法』という判決がでたということが書いてあるよ!!

育休を取得したパパの体験談

下記のツイートをみてください。
会社と協議し、『会社創業以来、初のパパの育休取得』を勝ち取ったパパのツイートです。

家族のため、管理職の立場で会社と戦い、会社創業以来、初の育休を取得する。素晴らしいですよね。パパの鏡です。

このように、本気で家族のことを考えていれば、不可能を可能にできるんです。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

たとえ、上司に「うちでは育休とれないよ。」と言われたとしても、ちゃんとした会社なら、諦めなければパパも育休取れるんだよ。

しかも、育休取得後『不当な扱い』なんてされてないよ。

育児時間をつくる方法⑤ 転職する

うちの会社で残業しないなんて、絶対に無理。

だから朝活なんてしたら、睡眠時間が確保できない。

『男の育休の取得』なんて、夢のまた夢…。

なら、転職しましょう!!いますぐに!!!

一度、よく考てみてください。

「あなたはなんのために働いているんですか?」

お金のため?生活のため?夢のため?

結局は、『家族の幸せな生活を守るために働いている』ということではありませんか?

残業がほとんどなく、休日はしっかり休める会社に転職すれば
本当の意味で、家族が幸せな生活を守ることができます。

たしかに会社からの給料は減るかもしれません。
しかし、いま勤めている『ブラック臭のプンプンな会社』から転職することで、下記のように、すべてにおいてプラスになります。

  • 平日・休日ともに『余裕をもって』育児や家事ができる。
  • 朝活で副業ができる。
    ➡収入減はカバー、もしくはいま以上に稼げる。
  • スキルを得られる。
    ➡会社になにかあっても、食べていける。再就職しやすい。

これでも、黙って会社残り、搾取され続け、消耗し続けますか?

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

私は、こどもが生まれる直前に転職して、このすべてを得ることができたんだよ。

だから「家族のために転職しよう!」って心の底から言えるんだよね。

スポンサーリンク

【まとめ】平日に育児の時間を確保したいなら、『一歩』を踏み出してみよう!

やる気に満ち溢れたサラリーマンの後ろ姿

今回の内容をまとめます。

【平日、パパが育児の時間(=家族の時間)を確保する方法5選】
  • 朝活する
    ➡朝の時間を、仕事や勉強・趣味の時間にあてることで、日中の時間がつくれる。
  • 副業する
    ➡副業で在宅ワークをする。朝活の時間に副業すれば、家族との時間を削らなくて済む。そして、残業代のために残業しなくて済む。
  • 残業をしない
    ➡残業を減らすことは、平日の家族時間を確保することに直結する。『副業』をしていれば、残業をキッパリ断る力はすでに得ている。
  • 育休を取得する
    ➡家族のため。育児時間を確保するため。法律で、育休申請を拒否することは禁止されている。
  • 転職する
    ➡『家族の豊かな生活』を手に入れるため。上記4つを実行することができる会社に転職すれば、生活面でも、収入面でも豊かになれる。

育児時間をたくさん手に入れたいのなら、今回紹介した内容を1つダケでも実行してみてください。

そして、いずれすべて実行できたとき、あなたの家族時間に関する悩みは、すべて解消していることでしょう。つまり、

「平日もこどもと過ごす時間が欲しい。」
「家族と過ごす時間が欲しい。」
「育児や家事に追われているママに協力したい。」

こんなことを思ったのなら、行動してください。
そのために、この記事を閉じたら、すぐに一歩目を踏み出してください

一歩踏み出すことができれば、一気に見える景色が変わりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました