【徹底レビュー】フィッシャープライス『ジャンパルー』を1年使ってみた

タイトルの画像

こんにちわ。たぬ吉パパです。
今回は、下記のお悩みに答えます。

・フィッシャープライス社(Fisher-Price)の『ジャンパルー』を買おうと思ってるけど、実際どう?

・いつからいつまで使えるの?

・『安全性』はどうなの?

・『股関節に悪い』って聞いたことあるけど平気?

・大きさは?どのくらいのスペースが必要?

・ジャンパルーって、バタバタうるさくないのかな?近所迷惑にならない?

わが家の娘は、3ヵ月頃~現在(1歳4ヵ月)までの1年以上、
フィッシャープライス『バイリンガルジャンパルー』で遊んでいます。

その感想。

結論、フィッシャープライス社の『ジャンパルー』は
デメリットを解消できるなら、めっちゃ良い商品」です。

例えば、家事をしたいとき。
子どもの後追いがすごい時期。動き回って目が離せない時期。

家事をするものままならないですよね。。。

そんなときに活躍するのが『ジャンパルー』。

親の目がとどく範囲で『ジャンパルー』にいれて遊ばせてあげれば…
ゴキゲンで遊んでくれます!!

その約20分の間で、やりたいことをパパっと済ませてます。
もちろん、その間に『自分の時間』を満喫することもできます。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

わが家の『子どものために購入したおもちゃランキング』で圧倒的1位です!!

ただ、メリットもあれば、とうぜんデメリットもあります

1年以上使用している『ジャンパルー』。
そのメリットとデメリットをすべて含め、写真付きで『徹底レビュー』していきます。

スポンサーリンク

買う前に不安だったこと。実際はどうなの?

「?」と思っている女性

下記は、フィッシャープライス社の『ジャンパルー』を買う前に不安だったこと。

安全性
置くスペースがあるのか。
遊ぶときの『音』について。近所迷惑にならないか。
長く遊んでもらえるか。

これにらついて説明しますね。

フィッシャープライス社『ジャンパルー』の安全性は?

まず、『子どもにとって安全なのか』が大事だよね。

「ジャンパルーは股関節に悪い影響をあたえる」って聞いたことあるし…。

結論、『正しい使用方法』を守っていればまったく問題ありません。

正しい使用方法はこちら☟

使用できる期間は『首すわり時期~身長81㎝未満かつ体重12㎏』。
シートから自分で降りられるようになったら使用不可。
揺らして遊ばない。
連続で使用できる最大時間は『20分』。
シートの高さ調節に注意!座らせたとき、『床につま先が着く高さ』に調節すること。
※足の裏が完全につくのはダメ!!
参考:Fisher-Price社『重要(取扱説明書)』:https://www.fisher-price.com/inst_sheets/K7198a-0620_rev.pdf

高さはジャンパルーの下にあるヒモで調節できます。
調節方法もすごくカンタン!!下記画像の通りです。(ジャンパルー裏の画像)

ジャンパルーの裏側
たぬ江ママ
たぬ江ママ

私でも1~2分で調節できたよ!

第一、フィッシャープライスの安全基準はたいへん厳しいんです。

アメリカ政府による『米国の玩具安全基準のもと』になったほど。
現在は、世界で一番厳しい『欧州玩具安全基準』に合わせてつくられています

『ジャンパルー』を置くのにどのくらいのスペースが必要?

うちは狭いからな~。まず『置けるのか』が心配。

正直、少し場所とります(笑)!

下記は、フィッシャープライス社『ジャンパルー』のサイズ一覧です。
(公式サイト参照:http://mattel.co.jp/fisher_price/product/dtd91.html

ジャンパルーの種類サイズ(幅×奥行×高さ)
バイリンガルジャンパルー
78㎝x 81㎝x 91㎝
レインフォレストジャンパルー
88㎝x 88㎝x 100㎝
レインフォレストジャンパルーⅡ
88㎝x 88㎝x 95㎝
アニマル・アクティビティ・ジャンパルー
82.5㎝x 82.5㎝x 88㎝

どれも、だいたい『1m強×1m強』のスペースがあれば問題ありません。

『ジャンパルー』で遊んでるときの『音』は平気?近所迷惑にならない?

正直、『音』は気になります!!

例えば木造アパートの2Fに住んでいる場合。
子どもがジャンパルーに入って大はしゃぎで飛び回っていると、
「この音、下の人に迷惑だよな…。」って思うかもしれません。

ただし、その『音』は対策できます。

下に防音マットや座布団を敷けば問題なし!
防音マットの上に、座布団などを敷くとさらに安心ですね。

下記の画像は、『厚さ2㎝のマット+カーペット+座布団』の3重対策です!
(ここまでやる必要はありません(笑))

ジャンパルーの下にマットを敷いてる画像
たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

わが家も『壁や床がうっすいアパート(笑)』の2階に住んでおり、この対策をしてます。

下の人に「いつも子どもがドタバタとすいません。。。」って挨拶したときに

「え?まったく音してないですよ~。」と言われました!

長く遊んでもらえるの?

10000円以上の高い買い物だし…。

長く遊んでくれるならコスパいいけど、どうなの?

少なくとも、1年以上は楽しく遊んでくれるでしょう。

なぜなら、うちの娘がまだまだ遊んでいるから。
下記のような作りで、子どもが飽きるはずがありません。(笑)

ピョンピョン跳ねて遊べる。
360°どこ向いてもオモチャがいっぱい。
どのオモチャも、『押す・引っ張る・動かす』ができる。
動いたり、オモチャで遊ぶと『リズミカルな音楽+歌』が流れる。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

1歳4ヵ月のいまでも「ジャンパルーに入れろ!!」

とせがまれます。(笑)

スポンサーリンク

フィッシャープライス社『バイリンガルジャンパルー』を買って『良かった』ところ

『バイリンガルジャンパルー』を買って『良かったところ』をご紹介します。

ママ・パパが助かる

まず1番はこれ!!!冒頭にも説明した通り、
子どもが『バイリンガルジャンパルー』で遊んでいる状態なら、

子育て中は、「とにかく時間が欲しい」ですよね…。

『ジャンパルー』を使えば、その時間を確保することができますね

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

ただし念のため、

けっして長時間目を離さないようにね!

「遊ぶこと」が子どもの筋トレになる

ピョンピョンと足で飛び跳ねるので、
子どもの足腰の筋肉が鍛えられます

たぬ子ちゃん
たぬ子ちゃん

毎日『ジャンパルー』で遊んでたおかげで、

あたしは、0歳7ヵ月でつかまり立ちできたよ!!

(平均は0歳10~11ヵ月頃)

小さいうちから『英語』に触れることができる

フィッシャープライス社『バイリンガルジャンパルー』のみの機能です。

下記のフィッシャープライス社『ジャンパルー』に英語機能はないので注意してください!
・『レインフォレストジャンパルー』
・『レインフォレストジャンパルーⅡ』
・『アニマル・アクティビティ・ジャンパルー』

下記画像のスイッチを『JPN/ENG』と切り替えることで、
『ジャンパルー』のから流れる声を『日本語⇔英語』と切り替えられます。

『日本語と英語』を切り替えるスイッチの画像

『言語の取得は3歳まで』臨界期仮説より)と言われるので、
早いうちから『英語に触れさせる』ことは大切ですよね。

例えばこんなところを押したり引っ張ると、
音楽とともに歌が流れたり、しゃべったりします。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

体を使って遊びながら、英語に触れることができるって最高だね!!

私の時代にもこんなものがあれば今頃・・・(ボソッ)笑

長い期間、飽きずに遊んでくれる

フィッシャープライス社の『ジャンパルー』には、
360°どこを向いてもいっぱいオモチャがついています

そして、イスも360°回転することができます。

「イスが回転する」画像

これで、

『正面のオモチャに飽きる➡左のオモチャ➡後ろのオモチャ➡右のオモチャ』

というようにローテーションできます。
子どもが飽きることなく遊べますね。

フィッシャープライス『ジャンパルー』の『改善してほしい』ところ

ここまで説明した通り、フィッシャープライス社の『ジャンパルー』には
『良いところ』がたくさんあります。

ただ、その反面『改善してほしいところ』も…。

なので、
「ここは改善してほしい!」と感じたところをすべてご紹介しますね。

値段が高い!!

どれも10000円以上します。そこそこ高いですよね…。

下記はフィッシャープライス社の『ジャンパルー』の価格一覧です。
(2020年4月現在:『楽天市場』と『Amazon』での『最安値』)
※レインフォレストジャンパルーは取扱いがなかったため、ベビーザらスの価格です。

ジャンパルーの種類価格
バイリンガルジャンパルー
21,999円
レインフォレストジャンパルー
17,999円(ベビーザらス価格)
レインフォレストジャンパルーⅡ
14,999円
アニマル・アクティビティ・ジャンパルー
7,975円

参考までに、他社の『ジャンパルー』の価格もご紹介します。

ジャンパルーの種類価格
はらぺこあおむし アクティビティジャンパー15,040円
コンパクトにたためる ポップアップジャンパー9,981円
SKIP HOPジャンパルー エクスプロアアンドモア14,520円

他社の『ジャンパルー』も同じくらい価格帯なので、
「フィッシャープライス社だから高い。」というわけではないんですね。

ただ、それでもやっぱり高価なもの。
なにかの『プレゼント』として買うといいかもしれませんね。

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

わが家は、なんでもない日に買ってしまいましたが…(笑)

ちょっと座らせにくい!!

下記の画像は、『バイリンガルジャンパルー』を上から撮った写真です。

画像の『2個の穴』に片足ずつ入れるのですが、
少し手間取ります!!

「片足しか入らない!」
「上に立っちゃったよ!」

みたいなことがありました。(笑)

たぬ吉パパ
たぬ吉パパ

まあ、慣れればなんてことないのですが…。

最初はけっこう手間取りました(笑)

でかい!置き場所に悩む!!

冒頭に説明した通りです。
仕方ないことなのですが…。

とにかく、どのジャンパルーも
だいたい『1m強×1m強』のスペースがあれば問題ありません。

『音』が気になる!!

これも冒頭で説明した通りです。
「木造アパートの2階」とかだと『ジャンプする音』が気になります。

ただ、これはマットやクッションを引くことでカンタンに対策できます。

フィッシャープライス社の『ジャンパルー』のなかでおすすめはどれ?

フィッシャープライスの『ジャンパルー』には4種類あるよね。

どれがおすすめなの?

『好み』や『金銭状況』によりけりです!!

下記に4種類のジャンパルーの特徴をまとめました。参考までに。

 バイリンガルジャンパルーレインフォレストジャンパルーレインフォレストジャンパルーⅡアニマル・アクティビティ・ジャンパルー
 
価格21,999円

17,999円
(ベビーザらス価格)

14,999円7,975円
サイズ(幅×奥行×高さ)78㎝x 81㎝x 91㎝88㎝x 88㎝x 100㎝88㎝x 88㎝x 95㎝82.5㎝x 82.5㎝x 88㎝
特徴・「日本語⇔英語」の切り替えができる。
・トイザらス、ベビーザらス限定品
レインフォレストジャンパルーⅡとの違い
・デザイン
・サイズ(Ⅱより少し大きい)
レインフォレストジャンパルー(初代)との違い
・デザイン
・サイズ(初代より少し小さい)
その他ジャンパルーとの違い
・デザイン
・サイズ(小さめ)
・Amazonで安売りしてる

結論、どの『ジャンパルー』も大差ありません。
『バイリンガルジャンパルー』の機能が良い程度ですね。

しいて言うなら、
英語機能付きが良い➡『バイリンガルジャンパルー』
できるだけ価格を抑えたい➡『その他のジャンパルー』(デザインの好みによる)
って感じですかね

【まとめ】フィッシャープライス社『ジャンパルー』は『良い商品』です!

娘が『ジャンパルー』で遊んでる画像

今回の記事内容をまとめます。

購入前の不安点について

安全?
➡『正しい使用方法』を守れば問題なし。子どもの成長に合わせた調整もカンタン。
置くためにはどのくらいのスペースが必要?
➡『1m強(幅)×1m強(奥行)』があればOK!
ジャンプする『音』は平気?
➡対策すれば問題なし。
長く遊んでもらえる?
➡少なくとも1年以上は飽きずに遊んでくれる!

『フィッシャープライス社のジャンパルーを買ったメリット』は?

ママ・パパが助かる!
子どもの『足腰』の筋トレになる!
小さいうちから『英語』に触れることができる※『バイリンガルジャンパルー』のみ
長い期間、飽きずに遊んでくれる

『フィッシャープライス社のジャンパルーの改善してほしいところ』は?

値段が少し高い!
➡他メーカーのジャンパルーと同じくらい。安くして!
座らせづらい!
➡慣れれば問題ないけど…
サイズ感をもう少しコンパクトにして!
➡『1m強(幅)×1m強(奥行)』のスペースが確保できないと厳しい。
ジャンプのときの『音』が大きい!
➡自分でマットや座布団を敷くしかない。

フィッシャープライス社の『おすすめジャンパルー』は?

少し高くても、バイリンガルがいい!
➡『バイリンガルジャンパルー』
機能ももちろんだけど、安く抑えたい!
➡『レインフォレストジャンパルー』
 『レインフォレストジャンパルーⅡ』
 『アニマル・アクティビティ・ジャンパルー』

『バイリンガルジャンパルー』を購入して1年使っている感想としては、
『子どもが遊んでいる間に他のことができる。』という点に1番のメリットを感じます。

そして、この時期にしか『ジャンパルー』を使って遊ぶことはできません。

ぜひ『ジャンパルー』で遊んでいるお子さんの写真を撮って、
思い出として残してあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました